テリトリマシンガン

はてなダイアリーでかいていたもの。

2017年より

ブログをはじめました。→ cuckoo
書いてることはここと同じです。やっぱりアウトプットする場がないとインプットもいたしませんね。一昨年・昨年は忙しかったのもありますが。またひっそり書いていこうと思います。
ここよりさらにふわっとした感想が増えるかと(と思ったけど十分ここもふわっとしていた…)。迷子状態かと思っていた文体も、思ってたよりここと変わっていないかもしれない。1、2年ではそう変わらないか。

僕の小規模な経済学/福満しげゆき

僕の小規模な経済学

僕の小規模な経済学

1/24読了。
あとがきにいちばんすっきりするという。これもまたかきますー。

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

1/21鑑賞。
神木くんは本当にいい成長の仕方したよね…。すごい絶賛されてるというのを知って見たし、いい映画だと思うけどすごい絶賛される理由はいまいちまだわからないので調べてからまた書く。

涙の理由/重松清、茂木健一郎

涙の理由

涙の理由

1/11読了。
私は2009年に単行本を買ってずっと読んでいなかった(←)のですが、去年文庫落ちしたようなので興味のある方は是非。言いたいことありすぎるので結局言わないかもしれないけど感想また書きます。

チング 永遠の絆

1/10鑑賞。
まさかの1作目すっとばすっていうね。感想はまた書くね。ユ・オソン様かっこよすぎる大好き。

ブラインド

ブラインド [DVD]

ブラインド [DVD]

1/7鑑賞。韓国映画でサスペンスもの。
最初の展開が結構とんでもなかったこともあり見る気は全くなかったんですけど、なんとなーく見ていたら気になってしまって気が付いたら最後までみてしまいました。ハラハラしっぱなしだったし、最後は助かるよねとわかっていたからこそ面白くみましたが………。主人公が盲目だからこそ、活かせる設定・展開が多くて、それがまた非常によかったです。
少しネタバレになるかもしれませんが、警察があまりに無能すぎておいおいおい、と思いました。無能っていうか詰めが甘いっていうか命知らずっていうか…。そんでもって犯人がこえーーのよ。こわいっつかおぞましいっつーか。
それにしても韓国の映画って暴力表現に容赦がないというか躊躇がなさすぎて…。すごいです。私自身暴力表現のある映画を好んで見る方ではないということもありますが、日本は若干そういう表現をマイルドに描く方だと思うので…。どちらがいい、ということでもないのですが。

あと、この映画はDVDで見たのですがジャンルがジャンルなだけに一緒に入っていた予告も過激なものばかりで、いまどきのやつ(←)はそんなに過激じゃないとだめなのかよ!と思いながらみてました。